霞ヶ浦 ヘラ1 マブ1 コイ3

荒川

2021/04/11/sun

今日は久しぶりに霞ヶ浦です。

新川の河口に行ってみました。到着は10時を過ぎてしまいました。

到着して釣り道具を用意していたら、針とハリスを入れた小物入れを忘れたことに気がついて一瞬

パニックです。

何の情報もないまま来たので、ダメそうなら利根川へ移動を考えていたのですが、利根川は根掛かりが多く針の予備も10本ぐらいでは安心して釣りができません。買いに行こうかとも思ったのですが、竿ケースの中の使っていない竿から針を外して使えば5~6本は取れるので、ここで一日移動無しでやることにしました。

 

帰ろうとしている自転車の人に話を聞いたところ、最近は午後になると橋の上流の方が良くなるけどそれ程釣れていないということでした。

地元のヘラ師がいません。

いるのは東京から来た例会の人たちだけで、釣果は5枚前後で0の人もいるということでかなり厳しい状況のようです。

この例会の人たちはヘラ竿で普通にヘラを釣りながら、リール竿で遠投している人が多くそれで良く釣っています。

10時半頃22.5尺でスタートです。周りではたまーにヘラが上がっていますが、私はノーピクです。

隣りの人がリール竿で遠投してヘラを釣っているのですが、ヘラ竿では釣れないようです。どんなエサを使っているのか気になったので聞いてみると・・・何とアカムシでした。

それにしてもアタリがでません。

周りの人たちも釣れなくて13時過ぎになると誰もいなくなってしまいました。

左側

右側

今までこんなことは初めてです。

こうなったら釣れない時の長竿頼みです。30尺を出してみました。

14時頃食い上げアタリが出て合わせると真直ぐに沖走りされてハリスがきれました。18尺の仕掛けから針を外して取り付けて続行します。

14時26分今度は消し込みアタリがきました。

先程のハリス切れのことがあったので静かに合わせるとヘラが来ました。

14時26分 ヘラ1枚目 尺1までないですね。

アタリが続きません。ウキと竿先の間にもじりが出たので15時半頃に22.5尺に竿を戻しました。

そして16時コイがきました。

この後で同サイズのコイを2本釣って最後はマブが釣れて終了となりました。

17時26分 上がりマブ

予備の針が無いというのは凄いプレッシャーですね。

釣り人がいなくなるとギャング釣りが始まりました。始めはブッコミ釣りをしていたのですが、ヘラ師がいなくなると遠投して大きく竿をシャクリ始めました。これは止めて欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました