権現堂 小さいマブとニゴイ祭り

権現堂 昭和池

2021/09/20/sun

今日は、荒川か利根川本流に行きたいと思っていたけど雨の影響がわからないので、権現堂にしました。

10時半頃から、前回とほぼ同じ処からです。

今回は24尺でやってみます。左斜め前方からの風で良い感じに波立っています。

水深は手前が5センチ位浅いけど、その先は殆ど同じで2本位しかありません。

風で水が動いていて底が平らなので、18尺か21尺で十分で24尺を使う必要はないようですが、もじりは沖合で発生するので24でやってみます。

ジャミのアタリはすぐに出始めニゴイでスタートしました。

11:22  これは2尾目

マブも早くて11時40分に一つ目が来ました。

11:40 マブ1尾目

12時37分2尾目 55分3尾目

13時12分4尾目 53分5尾目

この後は写真省略しました。

30分で一つ位のペースで釣れてくるのですが尺以下が多いです。

もともとヘラは期待していないけど、いくら釣れてもこのサイズでは期待外れですね。

14時08分 今日の写真を撮ったマブではこれが最大サイズとなりました。

14:08

今日の最大サイズは37センチだったのですが、写真を撮ろうとした時に逃げられてしまいました。

最後は泣き尺マブと20センチ位のダブルでした。

いつもなら一日釣って5~6尾程度なのですが十数尾も釣れて、しかも尺以下が多くて権現堂らしくない感じでした。小さいマブとニゴイでウキは良く動いて一時は祭り状態になりました。

もう少し水温が下がらないと大きいのを釣るのは難しいようですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました